燃料ミックスの開示

ワシントン州電力会社総計2019燃料ミックス(パーセント)

ワシントンの小売顧客にサービスを提供する各電力会社または電力会社は、前年にそれらの顧客に販売された電力を生成するために使用された燃料の組み合わせを顧客に開示する必要があります。 ユーティリティは、食品のコンテンツラベルと同様に、新しい顧客に情報を開示し、その情報を公開Webサイトに掲載する必要があります。 開示 表示する必要があります 石炭、水力発電、天然ガス、原子力、風力、太陽光などの燃料の種類ごとの電気の割合。 電力会社が電力源を知らない場合は、その部分に「不特定の電力源」のラベルを付ける必要があります。

商務省の燃料混合プログラムは、一貫した報告を確実にすることによって開示をサポートします。 60以上のユーティリティが、ユーティリティがワシントンの顧客にサービスを提供するために使用する特定の生成リソースに関する情報をコマースに送信します。 Bonneville Power Administrationは、ワシントンの電力会社に供給する電力と同じ情報を提供します。 Commerceは、個々のレポートを編集し、発電所の発電に関する公開データと比較して情報をチェックし、州全体の燃料ミックスの見積もりに要約します。

コマースはまた、燃料混合レポートを使用して、ワシントンで消費された電力からの州全体の温室効果ガス排出量を推定します。 ワシントン環境庁は、この情報を全体の入力として使用します 温室効果ガスインベントリ 状態のため。

2021年以降、各電力会社は、ワシントンの小売顧客に提供する電力の温室効果ガス含有量を計算して報告する必要があります。 この計算は、燃料混合物開示プログラムで主張されている量と燃料源に基づいている必要があります。 排出量は、を使用して計算する必要があります 方法論 ワシントン環境庁によって設立されました。 これらの結果を投稿または公開するためにユーティリティは必要ありませんが、コマースはこのページに情報を公開します。

ユーティリティデータ

ユーティリティは、メガワット時(MWh)で次の情報を提供します。

  • ライン損失を補うために必要な電力購入を含む総電力小売売上高。
  • 資源と燃料を生成することにより、契約または所有権によって取得された特定のソースの量。
  • 小売負荷に対応するために使用される市場または不特定の電力の量。
  • BPAから購入した電気の量。