2019年XNUMX月のクリーンエネルギー変換法(CETA)の更新

  • August 14, 2019

世界 クリーンエネルギー変換法(CETA) (SB 5116)は2019年2045月に実施されました。XNUMX年までに温室効果ガスの排出がない電力供給をワシントンに約束します。

CETAルールメイキング

コマースが提出した 質問の事前提案書(CR-101) CETAのルール作成に関するパブリックコメントを求める。

22月XNUMX日のルールメイキングワークショップ

CETAの実施を開始するために、以前の30つの利害関係者ワークショップが1月XNUMX日とXNUMX月XNUMX日に開催されました。 ワークショップからの情報は オンライン投稿。

CETAは、必須のサービス、電力の変換を必要とする複雑な法律であり、多くの機関や利害関係者が協力してその目的を達成します。 コマースは、投資家が所有する公益事業の料金とサービスを規制する公益事業および運輸委員会(UTC)と緊密に連携します。 他の州の代理店パートナーには、州の監査人と生態学と健康の部門が含まれます。

60を超える電力会社がCETAに準拠する必要があります。 関心のある利害関係者は、企業顧客、低所得で脆弱なコミュニティ、消費者、環境擁護者、再生可能エネルギー開発者を代表しています。

この投稿を共有する